読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科技大樓(空落科技臺北分館)

team2ch.orgサーバが事情によりダウンしているため、その緊急避難所です

Ubuntu 14.04 で Blu-ray ビデオを再生しよう with KODI(XBMC), MakeMKV

違法コピーを撲滅したい気持ちは分かりますし、百歩譲ってリッピングが違法なのも分かったとしましょう。悪法もまた法律であって遵守せにゃなりません。

それに僕は以下の理由によりリッピングには一切興味がございません:

・所持しているしょっぱいラップトップで僕が見る量のBlu-ray 映画をリッピングするのは現実的ではない
・仮にリッピング行為が現実的であったとしても、保管するストレージも有限でありやはり現実的でない。
・レンタルビデオ店はいささか旧時代的であれ、クラウドサービスの一種だと思っている。見たくなったらまた借りに行けば良いと考えている。

 
しかし僕はレンタルビデオ屋で借りたBlu-ray をUbuntu 14.04 で再生したいのです。リッピングには興味がありませんし、ましてやWindows なんてものは持っておりません。
著作権尊重は理解できますが、再生できないBlu-ray ディスクは鳥よけにしかなりません。

そういうことで、Ubuntu 14.04 で Blu-ray ビデオを再生する方法を書きます。2012年以降のBlu-ray も再生できます。

 

何度も言いますが、リッピングなんてしてもいいことありません。絶対に僕はやろうとは思いません。

僕が望むのはUbuntu 14.04でBlu-rayを再生する手段です。

 


MakeMKVのインストール

MakeMKVをダウンロードしてインストールします。
バイナリとOSSパッケージがあって、両方共インストールする必要があります。
OSSパッケージは指示に従って自分でコンパイルしましょう。

 

その他やり方はここでは秘密です。リンクも貼りません。

まあとにかくリッピングなんてしてはいけません。リッピングなんてしたっていいこと一つもありません。絶対にやめましょう。


KODI(XBMC)のインストール

 

sudo apt-get install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:team-xbmc/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install kodi

 

KODIのMakeMKV プラグインのインストール

フォーラムに最新版があります。
最後のページまで読みましょう。おそらく最新版があります。

そいつをダウンロード後、KODIを立ち上げてプラグインのインストールをします。
Videos -> add-ons かなにかで行けます。

別ソフト経由で再生するというなんとも無理矢理ゴリ押し感の漂う方法ですが、再生できるだけマシです。シークはとても悪いですが、ダラダラ見る分にはそこそこいけます。

 

参考URI
HOW-TO:Install Kodi for Linux
How to Enable Blu-Ray Playback in XBMC

Ubuntu 14.04 + Intel HD Graphics 4400 でvdpau を使う

色々な事情によりIntel CPU内蔵のGPUを使わなければならないこともあります。

(デスクトップならGPUを挿す、ノートでもNVIDIAのグラフィックチップでも付いたお高いものを買えば済む話なのですが、そうも言ってられないこともあります)

ですが、そういった中途半端なパソコンでこそHardware Decoderを使いたいところです。

僕もさっき知ったのですが、Intel HD Graphics 4400でもUbuntu 14.04でvdpauが使えます。
より正確に言えば、GMA 4500以降なら使えるらしいです、あら便利。

$ sudo apt-get install libvdpau-va-gl1 libva-intel-vaapi-driver

 
上記で空振ったらどこかのppaから拾ってきましょう。

$ sudo nano /etc/profile.d/vdpau_vaapi.sh

#!/bin/sh
export VDPAU_DRIVER=va_gl

 

と書いて、書いたものにrootの実行権限を与えます

$ sudo chmod +x /etc/profile.d/vdpau_vaapi.sh

 
再起動します

$ sudo reboot

 

再起動後

$ vdpauinfo

 
でエラーメッセージが出てないことを確認します。〜〜〜.soが足りないとかエラーが出たらググるなりしてもう少しがんばりましょう。

Firefoxでvdpauを使いたいときは

 

$ VDPAU_DRIVER=va_gl firefox

 

です。その他動画再生等のソフトウェアでは、Hardware AccelerationをEnableして、OutputをvdpauにすればOKです。
そこそこ軽くなる気がします。

個人輸入にかかる関税について

個人輸入をしていると、「それで、関税はかかるの?かかるとしておいくら?関税以外になにかかかるの?」といった疑問が次々に湧いてくる。

 

本当に分かりづらいことこの上ないので備忘録として今日調べたことをまとめておく。

 

前提として、まず、簡易税率の適用条件と関税定率法第十四条第十八号(無条件免税)は全く別である。

 

そもそも簡易税率とは、2014年12月2日現在、総額20万円以下の貨物に適用される関税率である。ただ、輸入者が希望すれば一般の税率を適用させることも可能であるようだ。

 

1001 総額20万円以下の貨物の簡易税率(一般輸入貨物、国際郵便物)(カスタムスアンサー)

 

一方で、広く知られている価額1万円(0.6で割って16666円とも言われている)以内の個人輸入の免税は、関税定率法第十四条第十八号(無条件免税)に依る。

また、この免税の対象外となる品目は同法第十六条の三(関税を免除することを適当としない物品の指定)に定義されている。

この第十六条の三(関税を免除することを適当としない物品の指定)が分かりづらいことこの上ないのだが、実行関税率表のタリフコードと第十六条の三の漢数字は一致しているように見える。

なので、タリフコードから輸入したいもののコードを調べ、第十六条の三に当たるかを確認するのが一番早いのではないかと思われる。

 

なお、調べた限りでは甜菜由来のグラニュー糖はタリフコード1701.12なので個人輸入でも課税(一般税率あるいは簡易税率適用)。また、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」により1kg以上の輸入は価額に関わらずとんでもなくめんどくさい手続きが必要

タピオカ1903.00は非課税

チョコレート菓子1806.xxは非課税

キャンディー1704.90は非課税

 

らしい。非常に分かりづらい。ずっと言ってますが僕はTPP賛成です。

輸入する前に各自頑張って調べましょう。さもなくば水際でひどい目に遭うかもしれません。

Teclast P79HD 3G (中華パッド)を買った。root化 + SSH Server 設定

この間、送料込み14311円でTeclast P79HD 3Gを買いました。

中国通販サイト「タオバオ(淘宝网、淘寶網)」でお買い物 - 科技大樓(空落科技臺北分館)

 

Android 4.2.2、Intel Atom CPU、Wi-Fi、SIM(3G通話・通信・テザリング)、7インチフルHD IPS液晶(1600×1200)、GPS、Bluetooth、メモリ2GB等盛りだくさんでこの価格です。

普通のマトモな会社の製品を買ったら3倍くらいの値段です。

 

f:id:soraochi:20140716161056j:plain

 

まずは2週間使ってみて分かった、良い点と悪い点を紹介します。

 

○安い

○SDカードスロットがある

○解像度が高い、サイズが丁度いい

○Android OSなので、いつもの操作感で使える

○結構速い

 

☓安っぽい

☓SDカードが32GBまでの対応

☓落としたらボリュームキーがもげた

☓落としたら3Gが使えなくなった

☓カメラがゴミ

 

いつも通りの中華パッドって感じですね。僕は気に入ってます。

 

中国語サイトで見つけたroot化の方法を書いておきます。

 

 1. Root大師という中華アプリをWindows経由でインストールする

 2. SuperSUをインストールする

 3. Root大師をアンインストールする

 

いきなりSuperSUをインストールできないので、Root大師をインストールしてからSuperSUを入れました。

Root大師にもroot権限管理ソフトが付いているのですが、これが非常にクソなのでさっさとSuperSUをインストールしました。中国語サイトの人たちもそうしているようです。

 

root化したら、BusyBoxをインストールしました。

 

それからSSH ServerというAndroidアプリをインストールしました。

これを使うと、公開鍵認証でAndroid端末のシェルを使えます。SFTPも使えるので、パソコンからWi-Fi経由で自由自在に中華パッドを弄れるようになります。

また、UbuntuのNautilusのお気に入りに、

 sftp://user@chukapad:port_number

とか入れておくと超便利です。Wi-Fi機能付きのSDカードとか全くいらないですね。

 

ホスト名変更は、Change Hostnameというアプリで一発でできます。/etc/hostname はないようです。

 

P79HD 3Gは、root取りやすい安っぽいAndroidが欲しい人におすすめです。僕は気に入ってます。

台湾のシティバンク(citibank, 華旗銀行)で口座を作ってクレカの申請をした

訳あって、台湾にて時給400円そこいらでバイトをしております。この間店の人から「シティバンクのクレジットカード作らない?」というよくありがちなお誘いを受けました。日本同様勧誘すると会社宛てにキックバックが行くのでしょうが、そんなことはどうでもよくって興味本位で申請してみました。

そもそも僕は台湾に定住しているわけでもなく、屋根のある家はあるものの居留証(外国人登録証明書のようなもの)はありません。そんな僕にクレカなんて発行してくれるのだろうかという疑問を抱えつつ、会社の推薦状のようなものを片手にシティバンクへ行ってきました。

 

まずは30箇所くらいにサインをして(実話)、シティバンの口座を作りました。普通預金口座の場合、口座維持手数料はかからないらしいです。後でもめても面倒なので3回以上確認しました。投資口座の場合は口座維持手数料が1000元/月かかるらしいです。

 

シティバンの通帳という珍品を手に入れました。

日本のcitibankのアカウントって、e-statementで通帳無しですよね。少なくとも僕の場合、忘れた頃にメールやらピロって剥がすタイプのハガキやらが送られてきて、通帳は無いです。

 

f:id:soraochi:20140702162927j:plain

台湾citibankのATMカードはデビットカードも兼ねているようです。表面にクレカ番号が印刷されています。デコボコはしていません。ATMカードは即日発行だし、デビット付いてるしもうクレカいらないんじゃね?!

・・・と思いつつもクレカの申し込みもしてきました。年会費は初年度無料、それ以降は800元とかだったような気がします。審査通れば2ヶ月でカードが届くらしいです。

僕の今の給料、6000元(2万円くらい)/月だけど通るんすかね。通ったらうけるな。

快眠勃起!!アルギニンとメラトニン!!

またアメリカからサプリメントが届きました。

 

今回は発送方法をメール便(4ドル)にしたら届くまで3週間かかりました。DHL Express(8ドル)なら5日で届くので、油断してました。

 

アルギニンはシトルリンと合わせて飲むと、股間のカブトムシが硬くて大きくなるらしいです。そんな良いことを聞いたら飲まずにはいられません。

ただ、アルギニン水溶液は弱アルカリ性で、そのまま飲むと腹を壊すことがあるらしいです。なので、クエン酸をブチ込んで飲むのがセオリー(先人の知恵)です。

 

アルギニンとクエン酸の両方を買いました。

 

Now Foods, L-アルギニンパウダー, 1 lb (454 g) 25.49ドル

Frontier Natural Products, Citric Acid, 16 oz (453 g) 6.93ドル

f:id:soraochi:20140702162935j:plain

アルギニンを開封してみたところ、いやーこれがなんと言っても精子臭い!

ネットにもそう書いてあったので覚悟はしていましたが、すごく精子臭いです。念のため他の人に嗅がせてみましたが、やっぱり精子臭いと言っていました。

ただ、クエン酸と混ぜて水溶液にすると臭いがなくなります。おいしくはないですが、飲めないことはないです。

 

メラトニン

Now Foods, Melatonin, 3 mg, 180 Capsules 7.64ドル

f:id:soraochi:20140702162941j:plain

よく眠れるらしいです。

メラトニンは最近、日本では輸入規制がかかってるらしいです。なんでも規制すりゃあいいってもんじゃないだろうに、アホな話だよなあ。

 

効果はそのうちレビューします。

中国通販サイト「タオバオ(淘宝网、淘寶網)」でお買い物

タオバオ(淘宝网、淘寶網)という中国版の楽天のような通販総合サイトがある。
そんなもん聞いたことのないという人でも「アリババ」系列だと言えば分かる人もいるかもしれない。

中国の通販と聞くだけで「うわっ」と思う方が殆どだろう。非常に正しい反応だと思う。
だがタオバオを舐めてはいけない。安くて色々な商品がある。
確かに所詮中国通販なので、偽物も混ざっているし、粗悪品も混ざっている。しかしとても安いし品揃えが半端ないのである。日本に無い魅惑の中国製の怪しいグッズも買える。

中国国内向けの通販なのだが、一応台湾にも発送してくれる。各店舗の対応によると思うが、交渉次第では日本にも発送してくれると思う。

台湾人の友人二人に「最近タオバオでモノを買った」と言ってみたところ、一人は「タオバオは知ってるけど使おうとは思わない」、もう一人は「中国製品なんて触りたくない」と言っていた。
台湾人は本当に中国が嫌いである。日本製だろうが台湾製だろうが、部品は殆ど中国製だと思うんだけどな。

僕は今回「P79HD 3G」という中華パッド(中国製Androidタブレッド、iPadのパチモノ)を購入した。
7インチ フルHD(1920x1200)IPS液晶、Intel Atom Z2580、3G、GPS、Bluetooth、Wi-Fi搭載のハイスペック(?)中華パッドである。
僕は最終的に14000円程度で購入したが、同スペックで非中華だと、3倍くらいのお値段だと思う。

製品も中国製だが中の人も中国製であるから、日本の通販のようにクリック一つでモノが届くはずがない。
今回どのような感じで中華パッドを買ったか紹介したいと思う。

当たり前だけど、タオバオの店員は中国語しか使えません。

リスクの有る所にこそ利益があるのだよ、諸君。

1人民元は大体16.7円

2014年06月22日
1軒目の店でP79HD 3G購入。クレジットカード決済。738人民元+送料12元+Alipay決済手数料3%=12832日本円。
念の為、「送料12元って書いてあったけど本当に12元でいいの、もう決済したけど」とチャットで聞いてみたところ「いやいや台湾は130元以上かかるよ、追加料金払うか返金か選んでくれ」との回答。
台湾への送料12元って書いてあったじゃん、などとぼやいても仕方がない。いつものことである。
差額で2000円近く取られるのは嫌なので「んじゃ返金でお願いします」と返信。一瞬で返金完了。
日本の通販と違って決済後のキャンセルもかなり自由である。キャンセル手数料も全くかからない。

次の店を探す。

2014年06月23日
2軒目の店でP79HD 3G購入。クレジットカード決済。749人民元+送料40元+Alipay決済手数料3%=13505日本円。
6月27日になっても音沙汰がないため、仕方なくチャットで「どうなった?」と聞いた。すると「これから倉庫に問い合わせるからあと1〜2日待ってて」との回答。
翌日に「やっぱ在庫なかったわ。京東(別の通販サイト)で買ってきて送ってあげるから差額の40元ちょうだい、あと発送1週間遅れるわー。やだったら返金ね、よろしく」という素敵なお知らせが届いた。40元払ってこれ以上待っててもロクな目に会いそうにないので「返金してちょ」と返信。一瞬で返金完了。

次の店を探す。

2014年06月28日
3軒目の店でP79HD 3G購入。クレジットカード決済。789人民元+送料50元+Alipay決済手数料3%=14311日本円。なんか最初より1500円高くなったぞ(笑)
翌日に「発送したよ〜、台湾まで他の荷物とまとめて出荷して、その後台湾の運送業者に頼むから追跡番号はまだ分からない。台湾に着くまで5日くらいだと思うよ」というチャットが届いた。
本当に発送したのかとても怪しい。

 

2014年07月02日

「台湾ついたよー、追跡番号はxxx(数字7桁)ね」 という連絡がチャットから飛んできた。思ったより台湾に着くのが早かった。というかちゃんと発送してたのね、疑ってごめんよ。

「ところでその番号、どこ見れば荷物追跡できるの?」と聞くと「できるよー。林さんの電話にかけてね。林さんの電話番号はxxxだよ」ということであった。おい、電話かよ(笑)
この後すぐ届いた。5日で届くとは思っていなかった。

 

梱包は物凄く雑だったが、中身自体に問題はなさそうな気がする。

同じ製品は日本でも売られている。送料諸手数料込みで17500円程度。

 

Teclast P79HD 3G 16GB GPS BT搭載 FHD(1920x1200) IPS液晶 Android4.2


3000円の差額なら、日本の通販で買うわというのが普通の人の感覚だと思う。

んでもやっぱりタオバオは楽しいねえ。